カメラ付き携帯電話のカメラで撮った写真で始めたブログでしたが、今はiPhoneなので撮った後で加工とかサイズダウンとかしてアップしています。
by flipper-design
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


鎗田さんの時計。

c0001405_10554757.jpg
キッチンに掛けてあった時計が止まっていた。
いつから?
たぶん数日前。
今年に入ってからかな。
この日焼けしたプラスチックの掛け時計は購入したモノではない。
だからと言って、プレゼントにもらったものでも無い。
遺品だ。
マンションの一階に94歳のお婆さんが一人で暮らしていた。
身体が悪いのか、ほとんど外出していなかったが
ケアの方が来て車椅子で散歩する姿を時々見た。
2011年の東日本大地震の時は怖くてベッドから落ちてしまった。
介護施設への緊急ボタンを押すはずが、間違って119番直結のボタンを押してしまい、震災で出払っていた救急車の代わりに消防車が来てしまった。
様子を見に行ったら、マンションの前に消防車が停まってピカピカやっている。そんな事になっていてビックリ。
取りあえず救急の方にベッドへ戻してもらい、あとはこちらで対処することにした。
懐中電灯を探して電池を入れ、これでなんとか一晩を過ごしてもらうように話し、介護施設へも電話。
その後はしばらく普通に暮らしていたが病院へ入院したとか。
やはり震災が体調を崩す原因になった可能性があるような気がする。
それから半年ほどで亡くなってしまった。
身元保証人の方(むかしご近所に住んでいた方で、この方もお婆さん)が見えた。お子さんはいらっしゃらなくて、養子の娘さんがいるが、アメリカの方と結婚して今はアメリカに住んでいるとか。しかも、鎗田さんは94歳。娘さんだって70歳くらいでしょう。そう簡単には日本に戻ってくることは出来ない。
この身元保証人の方が役所への手続きから火葬の手配まですべてやってくれた。むかし住んでいた家の近所に住んでいたと言うだけで、ここまでしてくれる立派な人だ。
遺品はすべて処分する事になっていたが、いくつか持って行ってもらった。私もこの掛け時計と湯呑みを分けていただいた。
あまりお話をした仲では無いが、血を分けた身寄りの無いこの方を時々思いだしてあげたいと考えたからだ。
その時計が止まってしまい、電池を入れ替えても動き出さなかった。止まった時計を掛けておくと色々と間違う結果になるので捨ている事にした。
湯呑みは割れない限り残っているが、動かない時計は捨てる。
捨てるに当たって、こんな時計があったと思い出せるように写真を撮りブログに載せる事にした。



.
[PR]
# by flipper-design | 2019-01-07 10:45 | 携帯写真

2019.1.1の空。

c0001405_22064580.jpg
大晦日と元旦にブログを書こうと思っていたのだけれど、忙しくて何も出来なかった。今日はもう4日だ。
クリスマスも師走も元旦も季節感を感じる事無く日々が過ぎていく。
元旦に撮ったいつもの建物と空が、とても空気の澄んでいる様子を写し出していたので、それだけでもアップしておこう。


.


[PR]
# by flipper-design | 2019-01-04 21:59 | 携帯写真

一個だけの柚子。

c0001405_23242968.jpg
昨年まで大量に実が成った柚子。
その柚子を搾って柚子ジュースを作ったのだが今年はそれが出来ない。
私が大きな枝などを含めて花も切ってしまったので実が一個しかならなかったからだ。
それでも、まだ枝葉をそれなりに残して置いたのに、母が片っ端から切ってしまった。
こんなに切ったら枯れるんじゃ無いかと心配になる。
冬至の今日、一個じゃ「ゆず湯」にも使えないと思った。

.
[PR]
# by flipper-design | 2018-12-22 23:19 | 携帯写真

リトラの命日。

c0001405_22310925.jpg
亡くなって13年が過ぎた。
リトラが生まれてから29年だ。
子猫生まれたよ〜と連絡が来て
長野まで見に行ったのが29年前と言う事だ。
リトラの写真を探し出すのも大変なのと
さほど良い写真は残っていない。
今みたいに、気軽に写真を撮る時代じゃなかった。
仕方無いので今の景色。
29年前は真ん中のマンションは無かっただろうし、
ましてや小杉の高層マンション群なんて
想像すらしていなかった。




[PR]
# by flipper-design | 2018-12-14 22:29 | 携帯写真

神社のイチョウ。

c0001405_22272396.jpg

氏神さまである近所の神社境内にあるイチョウの木。
もうすっかり黄葉も落ちてしまった。

c0001405_22272387.jpg

子供の頃に「このイチョウの木はおまえ達のお爺ちゃんが植えたんだよ。」
と言われてきた。
あまり興味も無かったので、詳細は忘れてしまったが、
もしかしてこの石碑に何か書いてあるかなと思って
かがみ込んでみたら、祖父の名前が在った。

c0001405_22272379.jpg


[PR]
# by flipper-design | 2018-12-10 12:23 | 携帯写真

剪定。

c0001405_1911315.jpg
また一ヶ月以上空いてしまった。
いつもの事ながら、怒濤の一ヶ月。
あっという間に一ヶ月なんて経ってしまうわけで
その間、何をしたのかと言うと日々の生活で過ぎていくだけ。
自分の病院と猫の病院と今回妻に行ってもらったけれど
母の病院などが外出の多くで、それ以外は基本買い物だけ。
この一ヶ月間で自分の用事で出掛けたのは
東銀座へ知り合いの個展に行っただけ。
たったこれ一回。
銀座に行ったのだから伊東屋などに顔を出したが、
ずいぶんと残念な一ヶ月だ。

話は変わり、マンション一階の道路に面した植栽が
大きく道路側にはみ出ていたりして
通行の邪魔にもなっていたので
大胆に間引きと剪定を行った。
二日間も掛かってしまったし、クタクタになった。
それでもスッキリして光も入るようになったから
しばらくはこれで大丈夫だろう。
まだ少しやりたいところがあるのだが、
ちょっとこれ以上時間が取れない。

剪定した木々の中に南天もあったので
その赤い実の付いた枝をもらってきた。
テーブルの上に置いていたら猫が食べてしまうので
猫が入らない(様にしている)トイレに避難させた。


.
[PR]
# by flipper-design | 2018-11-19 20:50 | 携帯写真

父の命日。

c0001405_23194063.jpg
10月13日は父の命日でした。
母にお墓参りに行くかと尋ねたのですが、
横になったまま「行かない」と。
亡くなった当時は月命日とかで
毎月行っていたのに
とうとう年一回の命日ですら行かなくなってしまった。
それだけ体力も気力も無くなったのだろう。
無理させて体調を崩してもいけないので
自転車でサッと行ってきました。

子供の頃はさほど大きいと感じた事も無かった
金木犀の木がずいぶんと大きくなっていて
過ぎ去った年月を感じました。


.
[PR]
# by flipper-design | 2018-10-13 23:15 | 携帯写真

旧華頂宮邸建物公開で鎌倉へ。

c0001405_23165584.jpg
10月6日、久し振りに鎌倉へ出掛けてみました。
本当はそんな時間は無いのだけれど、
年に春と秋のそれぞれ2日間だけ公開になる
旧華頂宮邸建物の中に入りたくて行ってきました。

ずいぶん昔に報国寺に来た時、この先は何があるんだろうと
少し歩いて行って見つけた洋館。
その時はまだ公開などされることもなく、
門が固く閉ざされていました。
その後はこの場所に来ることも無かったけれど、
公開されている事を知り
チャンスをうかがっていました。
でも、なかなか日にちが合わずに
ずいぶんと日が経ってしまった。
建物はかなり傷んでおり、横浜山手の洋館のように
保存管理をしっかりやってほしいなと感じました。

その後は報国寺と浄明寺と奥にある石窯ガーデンテラス。
徒歩で鎌倉へ。
ちょっと手前にある宝戒寺を見てから
帰って来ました。
秋にもう一度行きたいけれど
ちょっと無理かな。



.
[PR]
# by flipper-design | 2018-10-07 23:15 | 携帯写真

エンカ8歳。

c0001405_15071537.jpg
あの小さくて子猫のようだったエンカも8歳になりました。
人間で言えば48歳だそうです。
片方の腎臓が機能していない事がわかり、
子猫を産ませるのは負担が大きいと不妊手術をしたのが一昨年。
なるべく腎臓に負担の掛からないような
食事を与えてきたつもりですが、
異常な食欲は収まらない。
エコー検査をしたところ、
どうやら働いていた方の腎臓も
萎縮が始まっているとの事で非常に困った状態です。
普通オシッコは黄色かったりしますが、
腎臓が悪い子はオシッコの量が増えて透明感が増します。
しかし、エンカはオシッコが黒っぽいのです。
これは、腎臓の中で出血が続いているのでは無いかとの診断。
そして食欲が異常なほど有るのは
甲状腺機能亢進症でも無く糖尿病でも無い。
まだ原因は特定されていないので分からないですが
もう少し食欲を抑えて痩せてもらい、
少しでも長生きして欲しい。



.

[PR]
# by flipper-design | 2018-09-25 15:06 | 携帯写真

秋のお彼岸墓参り。

c0001405_11391655.jpg
前回の投稿がお盆の墓参りで、次がお彼岸の墓参りだなんて、
なんてダメダメなんだ。
あいだに何も無かったのかって話しだが、
逆にあり過ぎて投稿している時間が無かった。

今朝母の所に行き、これからお墓参りに行くと話したら、
誰か亡くなったのかと言う。
毎年お盆も、春・秋のお彼岸も初日に花を持って行っていたのに、
それすら分からなくなっている。
結局母はお墓参りに行ってないと言うことだ。

夜は食料品の買い物に母を連れて行ったが、
歩くのは遅くヨタヨタしながらだ。
腕を支えて歩いているが、
離せばちょっとぶつかった程度で転んでしまうだろう。
さて、これからどうしたら良いのだろうか?

写真はお寺の庭のムラサキシキブ。





[PR]
# by flipper-design | 2018-09-23 23:38 | 携帯写真