カメラ付き携帯電話のカメラで撮った写真で始めたブログでしたが、今はiPhoneなので撮った後で加工とかサイズダウンとかしてアップしています。
by flipper-design
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


レーズンウィッチとレイズン・ウィッチ。

c0001405_15090242.jpg

相方がまだ小川軒のレーズンサンドを食べたことが無いと言うので、ネットで調べて買いに行って来た。
まず、名前はレーズンサンドでは無く、レーズンウィッチだ。しかも現在は4軒も異なる小川軒があり、それぞれ名前も味も微妙に違うとの事。

なぜ似てる?! 六花亭のバターサンドと小川軒のレイズンウィッチ。レスペクトレシピも!より参照

御茶ノ水(元祖)、新橋・目黒(同オーナー)、代官山、鎌倉と現在ざっくり言うと4軒ある小川軒。それぞれレイズンウィッチを販売されています。元は一緒でもやはり味は微妙に違うので、食べ較べも面白いと思います。
簡単にまとめると、
☆ 初代:小川鉄五郎、洋風レストラン「小川軒」を明治38年(1905年)汐留にオープン。
☆ 2代目:小川順が後を継ぐも、戦争の影響もあり、汐留→新橋→代官山へと移転

2代目の息子達がそれぞれ後を継いだり、独立して今に到る:
・ 長男:代官山小川軒
・ 次男:巴裡 小川軒(新橋・目黒)
・ 三男:御茶ノ水小川軒
・ 親戚:鎌倉小川軒

更に言えば、北海道の六花亭のマルセイユバターサンドは小川軒のレーズンサンドを真似て(参考?)作ったと言う事だ。
と言う事で5種類のレーズンサンドがあるわけだ。
さすがに五種類も買いに行けないので、新橋の巴裡小川軒と鎌倉小川軒のを買いに行ってみた。鎌倉も遠いので横浜のそごうで手を打つ。
新橋まで行ったのだったら有楽町の東京交通会館内にある北海道どさんこプラザにバターサンド有ったかも知れないと言われたが、後の祭り。
基本的に北海道でしか売っていないのだけれど、近所のスーパーに有ったりすることがあるので、行ってみれば良かったかな。

二種類だけだが、食べ較べ。
どちらも美味しかった。確かに微妙に違うが、六花亭のと較べれば似たタイプだな。
私がもともと知っていたのは代官山小川軒なのだが、そことお茶の水のを買って食べ較べるのはたぶんやらないかな。食べ較べていないので記憶だけだが、六花亭のマルセイユバターサンドが良いかな〜。



[PR]
by flipper-design | 2015-05-31 15:06 | 携帯写真
<< 日向8歳。 寛永堂の丸房露。 >>