カメラ付き携帯電話のカメラで撮った写真で始めたブログでしたが、今はiPhoneなので撮った後で加工とかサイズダウンとかしてアップしています。
by flipperdesign
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


祖父の旅好き。

c0001405_2223353.jpg
幼い頃、たぶん3〜4歳ころだと思う。
母は長女で祖父にとって私は初めての孫であった
私が可愛くて堪らなかったんだろう。
祖父に連れられて色々な所に連れて行かれたらしい。
らしい、と言うのは何も憶えていないから。

他に一緒に行った人がいるわけでは無く、
祖父と私だけでの旅行だったようだ。

山梨の温泉へSLで行った事があるらしい。
「煙の出る電車に乗った。」と話していたと母から聞いた。
電車じゃなくて汽車だろうと、今の私ならツッコミを入れたくなるが、
子供にはわからない。
私が話した事を母から後に聞いた話では、
お風呂に行くのに、長い階段を下りたこと、
そのお風呂は水のように冷たかったそうだ。
確か山梨にぬる〜い温泉があったな。
そんな連れ回しも私が幼稚園に行くようになって
ほとんど無くなった。

祖父はひと月の20日くらいは旅に出ていた。
早い話、1ヶ月に一回くらいしか家に帰ってこない。
帰って来て数日は仕事をしたりしているが、
一週間も経たないうちに、また出掛けて行ってしまう。
家族にはいつ出掛けていくのか、どこへ行くのかも告げずにだ。
どこかに女がいるんじゃ無いか?なんて話を誰かがしていたが、
祖母はそんな事は無いと話していた。

例えば温泉に行って、そこで自転車を買い、
そこを拠点にあちこち行くらしい。
その旅館を引き払うときに自転車はあげてきてしまう。
本当に好き勝手、気ままな生活をしていた。

いつだったか、家に戻ってきている時に倒れた。
そして入院、色々と治療をしたが、結局帰らぬ人となった。
ほとんど家にいないのに、家に帰ってきているときに
倒れて良かったと家族で話した記憶がある。

祖父は家にいるのがイヤだったのだろうか?
そうではなくて、普通に旅行が好きだったんだろう。
出かけるのが好きだったという事だ。
それは母を見ていればわかる。
ここ数年は関東近辺や東海方面に連れて行ってあげているが、
やはり出かけるのが好きなようだ。
軽い認知症なので、一人で遠くへ行って欲しく無いが、
本当に家にいない。
朝、午前中、午後と1日3回くらい出掛けている。
散歩と言えば散歩なのだが、雨風が酷くなければ毎日出かける。
今は昼間暑いので朝夕だけのようだが。
健康のために歩くのは良いことだし、街中で知り合いに会って、
立ち話をするだけでも脳には良い事だから大いに賛成だ。
ただ、倒れるのだったら祖父と同じように
家にいるときにして欲しいと願っている。
[PR]
by flipper-design | 2013-08-10 22:16 | 携帯写真
<< 福光屋のあまざけ。 写真家「ヤマグチゲン」。 >>